夏の終わりと秋のはじまり。

永遠に続くんじゃないかと思えた今年の夏。

終わりそうですね。

 

 

 

いきなりですが、永遠なんてないです。当たり前だけど。

 

 

ないから求めるのだと思います。

「この時間が永遠に続けばいいのに」って。

 

 

...というわけで、だいぶ過ごしやすくなりましたね。

空気の匂いも変わってきました。

 

こりゃ来るね...秋。

 

私、秋が好きです。

日ごと短くなっていく陽の光と、遅くなっていく夜明けも。

 

ちょっぴりセンチメンタルな気持ちになったりもしますが、胸の奥のほうが締め付けられるアノ感じも好きです。

 

 

夏が終わって秋がきて、秋が終わって冬がきて....また春がきて。

 

 

って、繰り返す季節の流れですが、なんとなくではない意思を持って流れていきたいですね。

逆らうわけでも、流されるわけでも、追いかけるわけでもなく、意思を持って流れていきたいです。

 

 

以前、とある人とこの会話をしたことがあるのですが。

 

 

当たり前に過ぎていく季節。

一生で、あと何回「秋」を過ごすことができるのか。

 

 

考えたことはありますか??

 

 

私は今年の秋(もうすぐですが...)で34歳になります。

今まで32回の「秋」を過ごしてきました。(幼少の頃は覚えてませんが。汗)

そして33回目の「秋」を迎えるところです。

人間の一生がだいたい80年(私たちみたいな不規則極まりない生活を送っている者はもっと短いでしょうが)だとして、もうすでに半分近くの「秋」を過ごしています。

 

 

あと何回の「秋」を感じることができるんだろう。

あと何回の「夏」を感じることができるのだろう。

 

 

 

...私、40回くらいかな?

 

 

 

.........少なっ!!!

 

 

ってね。

 

 

 

普段なんとなく過ごしている日々や季節や年月を、ほんの少しだけ違った角度で見てみると、どれだけ時間が大切なのかってことを思い出せます。

 

時間が大切だってこと、知ってるはずですから、思い出せます。

 

そういう私も、思い出したから(...じゃないけどね)こうやって今、いっこうに慣れないパソコンに向き合っています。

 

 

全部を大切にできたら、そんな素晴らしいことはないのだろうけど、聖人ではないので私には難しいです。

だからせめて、自分と、自分が大切にしている人・もの・場所、自分のことを大切にしてくれている人ぐらいは大切にしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

コメントする

2010年10月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カテゴリ

アーカイブ